油性でもサラッ 年間売上1億本「ジェットストリーム」秘話

公開日: 更新日:

 三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」は“クセになる、なめらかな書き味”をキャッチコピーに、2006年の発売以来、快進撃を続けるヒット商品だ。現在、シリーズ全体で年間約1億本(海外含む)を売り上げている。

 始まりは1999年。今や三菱鉛筆の看板商品に成長したジェットストリームだが、開発は意外にも地味なスタートだった。開発者は当時、他部門から異動してきたばかり。

「何をしてもいい、思うようにやれという雰囲気の中、じゃあと考えたのが、さらっとなめらかに書ける油性ボールペンだった」(横浜研究開発センター課長の市川秀寿氏)

■品揃えは国内だけで120品超

 油性ボールペンは一般に広く使われているが、書き味が重く、濃い色が出にくいことから敬遠する人も少なくない。開発者自身もそのひとりで、ふだんは水性ボールペンを愛用していた。となれば、いかに水性の書き味に近づけるか。カギはインクの粘度だった。筆記抵抗を下げるため、低粘度を目指したい。加えて濃さ、速乾性も重要だ。そこで染料の溶剤をすべて変えることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る