• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

油性でもサラッ 年間売上1億本「ジェットストリーム」秘話

 三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」は“クセになる、なめらかな書き味”をキャッチコピーに、2006年の発売以来、快進撃を続けるヒット商品だ。現在、シリーズ全体で年間約1億本(海外含む)を売り上げている。

 始まりは1999年。今や三菱鉛筆の看板商品に成長したジェットストリームだが、開発は意外にも地味なスタートだった。開発者は当時、他部門から異動してきたばかり。

「何をしてもいい、思うようにやれという雰囲気の中、じゃあと考えたのが、さらっとなめらかに書ける油性ボールペンだった」(横浜研究開発センター課長の市川秀寿氏)

■品揃えは国内だけで120品超

 油性ボールペンは一般に広く使われているが、書き味が重く、濃い色が出にくいことから敬遠する人も少なくない。開発者自身もそのひとりで、ふだんは水性ボールペンを愛用していた。となれば、いかに水性の書き味に近づけるか。カギはインクの粘度だった。筆記抵抗を下げるため、低粘度を目指したい。加えて濃さ、速乾性も重要だ。そこで染料の溶剤をすべて変えることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る