油性でもサラッ 年間売上1億本「ジェットストリーム」秘話

公開日:  更新日:

 三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」は“クセになる、なめらかな書き味”をキャッチコピーに、2006年の発売以来、快進撃を続けるヒット商品だ。現在、シリーズ全体で年間約1億本(海外含む)を売り上げている。

 始まりは1999年。今や三菱鉛筆の看板商品に成長したジェットストリームだが、開発は意外にも地味なスタートだった。開発者は当時、他部門から異動してきたばかり。

「何をしてもいい、思うようにやれという雰囲気の中、じゃあと考えたのが、さらっとなめらかに書ける油性ボールペンだった」(横浜研究開発センター課長の市川秀寿氏)

■品揃えは国内だけで120品超

 油性ボールペンは一般に広く使われているが、書き味が重く、濃い色が出にくいことから敬遠する人も少なくない。開発者自身もそのひとりで、ふだんは水性ボールペンを愛用していた。となれば、いかに水性の書き味に近づけるか。カギはインクの粘度だった。筆記抵抗を下げるため、低粘度を目指したい。加えて濃さ、速乾性も重要だ。そこで染料の溶剤をすべて変えることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る