油性でもサラッ 年間売上1億本「ジェットストリーム」秘話

公開日: 更新日:

 三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」は“クセになる、なめらかな書き味”をキャッチコピーに、2006年の発売以来、快進撃を続けるヒット商品だ。現在、シリーズ全体で年間約1億本(海外含む)を売り上げている。

 始まりは1999年。今や三菱鉛筆の看板商品に成長したジェットストリームだが、開発は意外にも地味なスタートだった。開発者は当時、他部門から異動してきたばかり。

「何をしてもいい、思うようにやれという雰囲気の中、じゃあと考えたのが、さらっとなめらかに書ける油性ボールペンだった」(横浜研究開発センター課長の市川秀寿氏)

■品揃えは国内だけで120品超

 油性ボールペンは一般に広く使われているが、書き味が重く、濃い色が出にくいことから敬遠する人も少なくない。開発者自身もそのひとりで、ふだんは水性ボールペンを愛用していた。となれば、いかに水性の書き味に近づけるか。カギはインクの粘度だった。筆記抵抗を下げるため、低粘度を目指したい。加えて濃さ、速乾性も重要だ。そこで染料の溶剤をすべて変えることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る