栄養素は350g分 伊藤園「1日分の野菜」リニューアル秘話

公開日: 更新日:

 野菜不足を手軽に補える飲料といえば伊藤園の「1日分の野菜」だ。2004年に誕生し、いまでは野菜100%飲料のナンバーワンブランドに成長。好調な販売で市場を牽引する。

 野菜100%飲料で大きなブランドを持つ。野菜・果汁ミックス飲料の「充実野菜」(92年発売)をヒットさせた伊藤園にとって、それは次なる課題だった。やがて、厚生労働省が1日350グラムの野菜摂取を推奨していることに着目する。

「実際に日本人は1日にどれくらい野菜を取っているかを調べてみると250グラム前後で、やはり足りていない。だったら1日分まるまる取れる商品があれば、消費者にとって便利と考えた」(マーケティング三部部長の内山修二氏)

■“1日分”は野菜ジュースのトレンドに

 生の野菜(現在は30種類)を約550グラム使用。それを搾ることで約350グラムの野菜汁に。もちろん搾りカスは全部取り除く。自然な甘さはにんじんベースで、独自技術「ナチュラルスイート製法」によるもの。ゆでることでアクを抜く。その工程から安全面も支持される製法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る