栄養素は350g分 伊藤園「1日分の野菜」リニューアル秘話

公開日: 更新日:

 野菜不足を手軽に補える飲料といえば伊藤園の「1日分の野菜」だ。2004年に誕生し、いまでは野菜100%飲料のナンバーワンブランドに成長。好調な販売で市場を牽引する。

 野菜100%飲料で大きなブランドを持つ。野菜・果汁ミックス飲料の「充実野菜」(92年発売)をヒットさせた伊藤園にとって、それは次なる課題だった。やがて、厚生労働省が1日350グラムの野菜摂取を推奨していることに着目する。

「実際に日本人は1日にどれくらい野菜を取っているかを調べてみると250グラム前後で、やはり足りていない。だったら1日分まるまる取れる商品があれば、消費者にとって便利と考えた」(マーケティング三部部長の内山修二氏)

■“1日分”は野菜ジュースのトレンドに

 生の野菜(現在は30種類)を約550グラム使用。それを搾ることで約350グラムの野菜汁に。もちろん搾りカスは全部取り除く。自然な甘さはにんじんベースで、独自技術「ナチュラルスイート製法」によるもの。ゆでることでアクを抜く。その工程から安全面も支持される製法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る