• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄養素は350g分 伊藤園「1日分の野菜」リニューアル秘話

 野菜不足を手軽に補える飲料といえば伊藤園の「1日分の野菜」だ。2004年に誕生し、いまでは野菜100%飲料のナンバーワンブランドに成長。好調な販売で市場を牽引する。

 野菜100%飲料で大きなブランドを持つ。野菜・果汁ミックス飲料の「充実野菜」(92年発売)をヒットさせた伊藤園にとって、それは次なる課題だった。やがて、厚生労働省が1日350グラムの野菜摂取を推奨していることに着目する。

「実際に日本人は1日にどれくらい野菜を取っているかを調べてみると250グラム前後で、やはり足りていない。だったら1日分まるまる取れる商品があれば、消費者にとって便利と考えた」(マーケティング三部部長の内山修二氏)

■“1日分”は野菜ジュースのトレンドに

 生の野菜(現在は30種類)を約550グラム使用。それを搾ることで約350グラムの野菜汁に。もちろん搾りカスは全部取り除く。自然な甘さはにんじんベースで、独自技術「ナチュラルスイート製法」によるもの。ゆでることでアクを抜く。その工程から安全面も支持される製法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る