• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開発に3年「アラビックヤマト」“ざる”が課題突破のヒント

 文房具の世界は、「これじゃなきゃ!」といわれるようなロングセラー商品が多い。ヤマトの液状のり「アラビックヤマト」もそのひとつだ。1975年の発売以来、均一でなめらかな塗り味を追求。圧倒的な使い勝手のよさで、市場をリードし続けている。

 でんぷんのりの「ヤマト糊」を創業商品に持つヤマト。老舗メーカーにひとつの転機が訪れたのは70年代初めのことだ。

「女性の社会進出が進み、手を汚さずきれいに塗れるのりが求められた。速乾性や接着力アップも課題で、それらすべてをカバーする商品としてアラビックヤマトを開発した」(取締役ゼネラルマネジャーの秋吉珠元氏=写真)

 ネーミングの由来は天然アラビアゴムが主成分のアラビアのり。欧州中心で使われていたそれは、先端に海綿を使用した容器が特徴。逆さにすると海綿を通してのりが染みだし、手を汚さずに塗れる便利さがあったが、海綿が固まりやすく価格も高いため、普及は限定的だった。そこでアラビックヤマトは、容器の利点は残し、海綿の代わりに「特殊スポンジキャップ」を搭載。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る