開発に3年「アラビックヤマト」“ざる”が課題突破のヒント

公開日: 更新日:

 文房具の世界は、「これじゃなきゃ!」といわれるようなロングセラー商品が多い。ヤマトの液状のり「アラビックヤマト」もそのひとつだ。1975年の発売以来、均一でなめらかな塗り味を追求。圧倒的な使い勝手のよさで、市場をリードし続けている。

 でんぷんのりの「ヤマト糊」を創業商品に持つヤマト。老舗メーカーにひとつの転機が訪れたのは70年代初めのことだ。

「女性の社会進出が進み、手を汚さずきれいに塗れるのりが求められた。速乾性や接着力アップも課題で、それらすべてをカバーする商品としてアラビックヤマトを開発した」(取締役ゼネラルマネジャーの秋吉珠元氏=写真)

 ネーミングの由来は天然アラビアゴムが主成分のアラビアのり。欧州中心で使われていたそれは、先端に海綿を使用した容器が特徴。逆さにすると海綿を通してのりが染みだし、手を汚さずに塗れる便利さがあったが、海綿が固まりやすく価格も高いため、普及は限定的だった。そこでアラビックヤマトは、容器の利点は残し、海綿の代わりに「特殊スポンジキャップ」を搭載。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る