• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発売40年 「ハッピーターン」の“魔法の粉”はいまも進化中

 今年発売40周年を迎える亀田製菓の「ハッピーターン」が好調だ。おいしさを向上させながら、近年はバリエーション展開も積極的で、売上高はこの10年間で約2・6倍(2014年実績)に伸びている。

 甘じょっぱくて、サクサクおいしいハッピーターンは1976年の発売以来、スナック感覚で食べられるせんべいとして絶大な人気を誇る。とにかく個性的。独特な風味は、“魔法の粉”ともいわれる「ハッピーパウダー」のなせるワザだ。

■「甘いせんべいなんて……」と言われたことも

「せんべいといえば醤油や塩味が主流の時代に、ハッピーターンは洋風なイメージを出すため、甘じょっぱい粉をまぶすという、従来のせんべいではめずらしい製法を取り入れた。スティック状で、パウダーが落ちないようキャンディータイプの包装を採用。また当時のせんべいは網で焼いたものが多かったが、ハッピーターンは鉄板で焼くことで軽い食感を実現した」(経営企画部の尾関淑江氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る