発売40年 「ハッピーターン」の“魔法の粉”はいまも進化中

公開日:  更新日:

 今年発売40周年を迎える亀田製菓の「ハッピーターン」が好調だ。おいしさを向上させながら、近年はバリエーション展開も積極的で、売上高はこの10年間で約2・6倍(2014年実績)に伸びている。

 甘じょっぱくて、サクサクおいしいハッピーターンは1976年の発売以来、スナック感覚で食べられるせんべいとして絶大な人気を誇る。とにかく個性的。独特な風味は、“魔法の粉”ともいわれる「ハッピーパウダー」のなせるワザだ。

■「甘いせんべいなんて……」と言われたことも

「せんべいといえば醤油や塩味が主流の時代に、ハッピーターンは洋風なイメージを出すため、甘じょっぱい粉をまぶすという、従来のせんべいではめずらしい製法を取り入れた。スティック状で、パウダーが落ちないようキャンディータイプの包装を採用。また当時のせんべいは網で焼いたものが多かったが、ハッピーターンは鉄板で焼くことで軽い食感を実現した」(経営企画部の尾関淑江氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る