発売40年 「ハッピーターン」の“魔法の粉”はいまも進化中

公開日: 更新日:

 今年発売40周年を迎える亀田製菓の「ハッピーターン」が好調だ。おいしさを向上させながら、近年はバリエーション展開も積極的で、売上高はこの10年間で約2・6倍(2014年実績)に伸びている。

 甘じょっぱくて、サクサクおいしいハッピーターンは1976年の発売以来、スナック感覚で食べられるせんべいとして絶大な人気を誇る。とにかく個性的。独特な風味は、“魔法の粉”ともいわれる「ハッピーパウダー」のなせるワザだ。

■「甘いせんべいなんて……」と言われたことも

「せんべいといえば醤油や塩味が主流の時代に、ハッピーターンは洋風なイメージを出すため、甘じょっぱい粉をまぶすという、従来のせんべいではめずらしい製法を取り入れた。スティック状で、パウダーが落ちないようキャンディータイプの包装を採用。また当時のせんべいは網で焼いたものが多かったが、ハッピーターンは鉄板で焼くことで軽い食感を実現した」(経営企画部の尾関淑江氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る