ベビースターラーメンは“もったいない精神”から生まれた

公開日: 更新日:

 おやつカンパニーの看板商品「ベビースターラーメン」は、ラーメンスナックという独自のポジショニングで、発売から50年以上経った今も成長を続けるロングセラー商品だ。近年はバリエーション展開にも注力し、ブランド力は大きく向上。2014年度の同社の売上高は過去最高となる188億円を記録した。

 同社の前身(松田産業)は麺類の製造販売会社。ベビースターラーメンは「もったいない」という思いから誕生した。

「中華麺の製造工程で麺のかけらが出るのを見た先代社長が、そのまま捨てるのがあまりにも“もったいない”ということで、味付け加工して従業員のおやつ用に配ったのが始まり。近隣住民からも求められるほど評判になり、商品化につながった」(マーケティング部の田中雅洋氏)

 1959年に子どものおやつ向けに発売(当時の商品名はベビーラーメン)すると大反響。パリポリとした食感はもとより、もともと食品用製麺工程の副産物を加工したもので、駄菓子ながら高品質であったこともヒットを後押し。以降、進化の歴史だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る