• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベビースターラーメンは“もったいない精神”から生まれた

 おやつカンパニーの看板商品「ベビースターラーメン」は、ラーメンスナックという独自のポジショニングで、発売から50年以上経った今も成長を続けるロングセラー商品だ。近年はバリエーション展開にも注力し、ブランド力は大きく向上。2014年度の同社の売上高は過去最高となる188億円を記録した。

 同社の前身(松田産業)は麺類の製造販売会社。ベビースターラーメンは「もったいない」という思いから誕生した。

「中華麺の製造工程で麺のかけらが出るのを見た先代社長が、そのまま捨てるのがあまりにも“もったいない”ということで、味付け加工して従業員のおやつ用に配ったのが始まり。近隣住民からも求められるほど評判になり、商品化につながった」(マーケティング部の田中雅洋氏)

 1959年に子どものおやつ向けに発売(当時の商品名はベビーラーメン)すると大反響。パリポリとした食感はもとより、もともと食品用製麺工程の副産物を加工したもので、駄菓子ながら高品質であったこともヒットを後押し。以降、進化の歴史だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る