ベビースターラーメンは“もったいない精神”から生まれた

公開日:  更新日:

 おやつカンパニーの看板商品「ベビースターラーメン」は、ラーメンスナックという独自のポジショニングで、発売から50年以上経った今も成長を続けるロングセラー商品だ。近年はバリエーション展開にも注力し、ブランド力は大きく向上。2014年度の同社の売上高は過去最高となる188億円を記録した。

 同社の前身(松田産業)は麺類の製造販売会社。ベビースターラーメンは「もったいない」という思いから誕生した。

「中華麺の製造工程で麺のかけらが出るのを見た先代社長が、そのまま捨てるのがあまりにも“もったいない”ということで、味付け加工して従業員のおやつ用に配ったのが始まり。近隣住民からも求められるほど評判になり、商品化につながった」(マーケティング部の田中雅洋氏)

 1959年に子どものおやつ向けに発売(当時の商品名はベビーラーメン)すると大反響。パリポリとした食感はもとより、もともと食品用製麺工程の副産物を加工したもので、駄菓子ながら高品質であったこともヒットを後押し。以降、進化の歴史だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る