• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<ケース2>やる気はあるのに7割で手を抜く

指示されたらすぐ30分で当たりを付ける

 目先の仕事に必死で、毎回締め切りギリギリ。毎日の仕事に追われると、やる気はあっても、つい手を抜いてしまうことがある。「早く取り掛かっていればもっとうまくできたのに」と思っても、後悔先に立たずだ。できることなら、思い通りにやる気を引き出したい。

 小杉俊哉慶大SFC研究所上席所員もそんな経験があったという。マッキンゼーやアップルなど世界的な超優良企業でキャリアを積み重ねたエリートは、どうやって欠点を克服したのか。

「さまざまな職場で経験を積む中で『クイック・アンド・ダーティー』という考え方に出合って救われました。“早くて汚い”という直訳通り、“すぐに取り掛かれば40%くらいのデキでもよし”というのが、根本になっています。仕事を振られたら目先の仕事を中断して、まず30分くらいで当たりをつけてみましょう。そうすれば、本格的に仕事に取り掛かるときに、どのくらい調べればいいかなどの目安がつきます。やれそうだと思えば、その場でやってしまう。そうやって期限よりはるかに前に提出すれば、十分やる気を見せたことになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る