• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<ケース2>やる気はあるのに7割で手を抜く

指示されたらすぐ30分で当たりを付ける

 目先の仕事に必死で、毎回締め切りギリギリ。毎日の仕事に追われると、やる気はあっても、つい手を抜いてしまうことがある。「早く取り掛かっていればもっとうまくできたのに」と思っても、後悔先に立たずだ。できることなら、思い通りにやる気を引き出したい。

 小杉俊哉慶大SFC研究所上席所員もそんな経験があったという。マッキンゼーやアップルなど世界的な超優良企業でキャリアを積み重ねたエリートは、どうやって欠点を克服したのか。

「さまざまな職場で経験を積む中で『クイック・アンド・ダーティー』という考え方に出合って救われました。“早くて汚い”という直訳通り、“すぐに取り掛かれば40%くらいのデキでもよし”というのが、根本になっています。仕事を振られたら目先の仕事を中断して、まず30分くらいで当たりをつけてみましょう。そうすれば、本格的に仕事に取り掛かるときに、どのくらい調べればいいかなどの目安がつきます。やれそうだと思えば、その場でやってしまう。そうやって期限よりはるかに前に提出すれば、十分やる気を見せたことになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る