<ケース2>やる気はあるのに7割で手を抜く

公開日: 更新日:

指示されたらすぐ30分で当たりを付ける

 目先の仕事に必死で、毎回締め切りギリギリ。毎日の仕事に追われると、やる気はあっても、つい手を抜いてしまうことがある。「早く取り掛かっていればもっとうまくできたのに」と思っても、後悔先に立たずだ。できることなら、思い通りにやる気を引き出したい。

 小杉俊哉慶大SFC研究所上席所員もそんな経験があったという。マッキンゼーやアップルなど世界的な超優良企業でキャリアを積み重ねたエリートは、どうやって欠点を克服したのか。

「さまざまな職場で経験を積む中で『クイック・アンド・ダーティー』という考え方に出合って救われました。“早くて汚い”という直訳通り、“すぐに取り掛かれば40%くらいのデキでもよし”というのが、根本になっています。仕事を振られたら目先の仕事を中断して、まず30分くらいで当たりをつけてみましょう。そうすれば、本格的に仕事に取り掛かるときに、どのくらい調べればいいかなどの目安がつきます。やれそうだと思えば、その場でやってしまう。そうやって期限よりはるかに前に提出すれば、十分やる気を見せたことになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る