<ケース2>やる気はあるのに7割で手を抜く

公開日:  更新日:

指示されたらすぐ30分で当たりを付ける

 目先の仕事に必死で、毎回締め切りギリギリ。毎日の仕事に追われると、やる気はあっても、つい手を抜いてしまうことがある。「早く取り掛かっていればもっとうまくできたのに」と思っても、後悔先に立たずだ。できることなら、思い通りにやる気を引き出したい。

 小杉俊哉慶大SFC研究所上席所員もそんな経験があったという。マッキンゼーやアップルなど世界的な超優良企業でキャリアを積み重ねたエリートは、どうやって欠点を克服したのか。

「さまざまな職場で経験を積む中で『クイック・アンド・ダーティー』という考え方に出合って救われました。“早くて汚い”という直訳通り、“すぐに取り掛かれば40%くらいのデキでもよし”というのが、根本になっています。仕事を振られたら目先の仕事を中断して、まず30分くらいで当たりをつけてみましょう。そうすれば、本格的に仕事に取り掛かるときに、どのくらい調べればいいかなどの目安がつきます。やれそうだと思えば、その場でやってしまう。そうやって期限よりはるかに前に提出すれば、十分やる気を見せたことになるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る