リーダーとは何か? NHK籾井勝人会長を“反面教師”に学ぶ

公開日: 更新日:

 もとより能力を度外視した起用とみられている。安倍政権の傀儡を受け入れる人物ならだれでもよかったのだろう。組織を変革し、良質の番組を制作するなんて、最初から要求されていないのかもしれない。ただハッキリしているのは、籾井氏がリーダーにふさわしくない人物であるということだ。ぜひ、反面教師として学びたい。

 熊本地震を受けて開かれたNHK内部の会議で、籾井氏が「原発については公式発表をベースに伝えること」と指示していたことが明らかになった。独自取材で真相に迫るジャーナリズムの基本を否定し、政府の広報機関であることを是としたのである。メディアの常識を知らない“ど素人発言”は今回が初めてではない。「またか」という感じだが、こうした言動はリーダー失格の証左だ。ビジネスアナリストの中川美紀氏が言う。

「現場の考えや意向を無視しトップダウンで命令するのは、軍隊式のやり方です。ユニクロやソフトバンクのようにトップにカリスマ性があり、チームを成功に導く能力もある場合は、それでもうまく回るでしょう。カリスマ性も能力もない人物が軍隊式をまねるのは最悪。的外れな方向にどんどん進んでしまうので、その先は破滅しかありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

もっと見る