リーダーとは何か? NHK籾井勝人会長を“反面教師”に学ぶ

公開日: 更新日:

 もとより能力を度外視した起用とみられている。安倍政権の傀儡を受け入れる人物ならだれでもよかったのだろう。組織を変革し、良質の番組を制作するなんて、最初から要求されていないのかもしれない。ただハッキリしているのは、籾井氏がリーダーにふさわしくない人物であるということだ。ぜひ、反面教師として学びたい。

 熊本地震を受けて開かれたNHK内部の会議で、籾井氏が「原発については公式発表をベースに伝えること」と指示していたことが明らかになった。独自取材で真相に迫るジャーナリズムの基本を否定し、政府の広報機関であることを是としたのである。メディアの常識を知らない“ど素人発言”は今回が初めてではない。「またか」という感じだが、こうした言動はリーダー失格の証左だ。ビジネスアナリストの中川美紀氏が言う。

「現場の考えや意向を無視しトップダウンで命令するのは、軍隊式のやり方です。ユニクロやソフトバンクのようにトップにカリスマ性があり、チームを成功に導く能力もある場合は、それでもうまく回るでしょう。カリスマ性も能力もない人物が軍隊式をまねるのは最悪。的外れな方向にどんどん進んでしまうので、その先は破滅しかありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る