NHK籾井会長が問題発言連発…薬物使用とエイズを同列扱い

公開日:  更新日:

 もう末期的だ。NHKの籾井勝人会長が4日の定例会見で、清原容疑者の覚醒剤事件に関して「米国などではエイズにかかったら、みな発表する。それくらいスポーツ選手の名声と立場というのは重要視される」と、さも薬物使用とエイズが同列であるかのような問題発言をした。

 その会見では、2日の自民党総務会のやりとりでNHKの解説委員について「偏った考えを持った人がいる」と発言したことも認めた。

 籾井会長は「スポーツ選手の影響力が大きいことの例」「(解説委員)各人がバランスを取りながら解説すべき」と苦しい言い訳に終始していた。任期残り1年。それまで持つのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る