• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK籾井会長また醜聞…社外役員務めた企業に反社会勢力の影

 NHKの籾井勝人会長にまた醜聞だ。会長就任前に社外取締役を務めていた企業の元社長が粉飾決算の容疑で捕まったのである。

 警視庁組織犯罪対策3課が8日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕したのは食品事業会社「グローバルアジアホールディングス」の菊地博紀容疑者(55)ら2人。実際は約5億円の債務超過だったにもかかわらず、2013年度の有報に計4億4500万円の架空資産を計上した疑いを持たれている。籾井会長は06年から1年間、この会社の社外取締役のポストについていた。

 どうやら、この事件はヤミが深いようだ。

「粉飾決算は入り口に過ぎません。暴力団との癒着解明が本丸のため、組対3課が動いているのです。グローバルアジアは増資を繰り返していたのですが、その資金を経営に回さず、フロント企業を通じて反社会勢力に流していた疑いが濃いのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る