NHK籾井会長また醜聞…社外役員務めた企業に反社会勢力の影

公開日: 更新日:

 NHKの籾井勝人会長にまた醜聞だ。会長就任前に社外取締役を務めていた企業の元社長が粉飾決算の容疑で捕まったのである。

 警視庁組織犯罪対策3課が8日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕したのは食品事業会社「グローバルアジアホールディングス」の菊地博紀容疑者(55)ら2人。実際は約5億円の債務超過だったにもかかわらず、2013年度の有報に計4億4500万円の架空資産を計上した疑いを持たれている。籾井会長は06年から1年間、この会社の社外取締役のポストについていた。

 どうやら、この事件はヤミが深いようだ。

「粉飾決算は入り口に過ぎません。暴力団との癒着解明が本丸のため、組対3課が動いているのです。グローバルアジアは増資を繰り返していたのですが、その資金を経営に回さず、フロント企業を通じて反社会勢力に流していた疑いが濃いのです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る