• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活動弁士・片岡一郎さん 東京国際映画祭で歌舞伎座の舞台に

片岡一郎さん(C)日刊ゲンダイ

 日本で初めて映画が一般公開されたのは1896(明治29)年のこと。当時は音の出ない無声映画だったため、生の音楽が伴奏され、日本では活動写真弁士が誕生し、ライブナレーションで映画を盛り上げた。最盛期には7600人もの弁士がいたが、現在ではわずかに10人。そのひとりが片岡さんだ。<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事