禁煙パイポのマルマンがダイエット食品会社になっていた

公開日:  更新日:

 かつての総合電機メーカーから、すっかり様変わりした東芝は、社会インフラ事業で生き残りをかけようとしている。

 グループ約17万人の従業員(昨年9月末)も固唾をのんでいるが、そう悲観することはない。翻訳業からサプリや化粧品の会社になったDHCという成功例もある。

 そして東芝が目指すべきもうひとつの会社が、「マルマン」(東京都千代田区)だ。40代以上のサラリーマンにとっては「私はこれで会社を辞めました」という禁煙パイポのCMでお馴染みだろう。

 1984年5月誕生の禁煙パイポは、これまでに累計約50種類の商品を発売するロングセラー。現在も電子パイポとして販売されている。一方、ゴルフをやる人にとってはゴルフクラブの会社という印象が強いはず。

 だが、マルマン創業時の本業は時計バンドの製造販売だ。後に建設設計事務所をやっていた時期もあるし、現在は音波振動歯ブラシやチョコレートも売っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る