プレミアムフライデー 経産省職員だけが恩恵のドッチラケ

公開日:

“お上”が推進するものにロクなものがないのは世の常。大平内閣が提唱した半袖の背広を着る「省エネルック」は、今や物笑いの種。中曽根内閣の「バイ・アメリカン」もしかりだ。

 経産省の旗振りで2月から始まった「プレミアムフライデー」も浸透するかは疑問だ。同省では2年前から着物姿で勤務する「和服をオフィスの普段着に」キャンペーンも展開しているが、国民に浸透するどころか、認知さえされていない。

 月末の金曜日は午後3時に終業するプレミアムフライデー。外食産業や旅行業界から圧倒的な熱視線を集めたが、いざフタを開けてみたら笛吹けども踊らずだった。

「正直、それほどでも……」

 こう話すのは、プレミアムフライデー向けの特別メニューを提供した品川の「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」。細かな集計はまだだが、思ったほど集客に貢献はなかったという。実際、人材サービス「VSN」のアンケートでも、プレミアムフライデーを「自分には関係ない」と思っている人が47%。割引などのキャンペーンを行っている店やイベントに行ったという人は、わずか5%にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る