意外な事実 「正露丸」なぜ半世紀も新製品出せなかった?

公開日: 更新日:

「ラッパのマーク」が半世紀ぶりの新製品だ。大幸薬品は胃腸薬、正露丸の新製品「正露丸クイックC」を4月3日から発売すると発表した。

 1902年発売の丸剤「忠勇征露丸」(49年に「中島正露丸」に改称)、66年発売の糖衣錠「セイロガン糖衣」以来、実に51年ぶりとなる。最大の特徴は、すばやく溶けるため、すばやく効くということだ。

 同社の実験データによると、丸剤が溶けるのには約30分かかったが、クイックCは6~7分。さらに、アノ独特の“ニオイ”も抑えているので、「若年層も手に取りやすいと思います」(広報担当者)。

 それにしても、半世紀ぶりとは長すぎる。盤石のロングセラー商品があると、研究開発にも力が入らないものなのか。同社に聞いてみたら、意外な答えが返ってきた。

「正露丸は長年、それこそ日露戦争の頃から、下痢に効くことは分かっていて、だからこそ、多くの人に愛用されてきました。しかし、なぜ効くのかが、ずっと分かっていなかったのです」(前出の広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る