意外な事実 「正露丸」なぜ半世紀も新製品出せなかった?

公開日: 更新日:

「ラッパのマーク」が半世紀ぶりの新製品だ。大幸薬品は胃腸薬、正露丸の新製品「正露丸クイックC」を4月3日から発売すると発表した。

 1902年発売の丸剤「忠勇征露丸」(49年に「中島正露丸」に改称)、66年発売の糖衣錠「セイロガン糖衣」以来、実に51年ぶりとなる。最大の特徴は、すばやく溶けるため、すばやく効くということだ。

 同社の実験データによると、丸剤が溶けるのには約30分かかったが、クイックCは6~7分。さらに、アノ独特の“ニオイ”も抑えているので、「若年層も手に取りやすいと思います」(広報担当者)。

 それにしても、半世紀ぶりとは長すぎる。盤石のロングセラー商品があると、研究開発にも力が入らないものなのか。同社に聞いてみたら、意外な答えが返ってきた。

「正露丸は長年、それこそ日露戦争の頃から、下痢に効くことは分かっていて、だからこそ、多くの人に愛用されてきました。しかし、なぜ効くのかが、ずっと分かっていなかったのです」(前出の広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る