五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10150回 仏説は歌のリズムで <3>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 親鸞が80歳を過ぎてから、さかんに歌の作詞をしたことはつとに有名だ。
 親鸞は仏説を歌のかたちで表現することを最終形態としたのである。彼が作った歌は和讃(わさん)と呼ばれた。七五調の四行詞がほとんどである。
 これは平…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る