五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10214回 風邪は万病の元か <2>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 あの親鸞でさえも、<ちょっと具合いが悪いと、このまま死ぬのではないかと不安だ>と言っている。
 体調が悪くても、若いあいだはそれほど気にならないものだ。まだまだ先がある、と思いこんでいるせいだろう。しかし、ある年齢を過ぎると、見える…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

もっと見る