テレ朝がダルの分析に失敗 読唇術のプロ"正答率"は何割?

公開日: 更新日:

 米大リーグのダルビッシュ有はドジャースに移籍後、初勝利を飾った。球団の評価は上々だが、“外野”が騒がしい。テレ朝系のバラエティー番組が、東北高校時代のダルが2004年の夏の甲子園3回戦で千葉経大付とぶつかった一戦を読唇術で分析した件だ。

 十回裏2アウト2ストライクと追い詰められた場面で、打席を外したダルが仲間に滑り止めを求めると、「最後かな。ドキドキするわ」とつぶやき、打席に戻ると、「クソー、終わらせねぇぞ コレ!」と叫んだと読み取ってみせた。ところが、ツイッターで番組を知ったダルは、「絶対言ってないです」と完全否定したのだ。

 そこで、気になるのが読唇術の“正答率”だ。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

「番組で読唇した人が、2アウト2ストライクの状況を知っていたのかどうか分かりませんが、もし知っていたとすると、それがバイアスになり、正しく読み取れなくなる可能性があります。バイアスがない状況で、きちんとした技術をもった専門家が読唇すれば、6~7割の精度はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る