• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

テレ朝がダルの分析に失敗 読唇術のプロ"正答率"は何割?

 米大リーグのダルビッシュ有はドジャースに移籍後、初勝利を飾った。球団の評価は上々だが、“外野”が騒がしい。テレ朝系のバラエティー番組が、東北高校時代のダルが2004年の夏の甲子園3回戦で千葉経大付とぶつかった一戦を読唇術で分析した件だ。

 十回裏2アウト2ストライクと追い詰められた場面で、打席を外したダルが仲間に滑り止めを求めると、「最後かな。ドキドキするわ」とつぶやき、打席に戻ると、「クソー、終わらせねぇぞ コレ!」と叫んだと読み取ってみせた。ところが、ツイッターで番組を知ったダルは、「絶対言ってないです」と完全否定したのだ。

 そこで、気になるのが読唇術の“正答率”だ。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

「番組で読唇した人が、2アウト2ストライクの状況を知っていたのかどうか分かりませんが、もし知っていたとすると、それがバイアスになり、正しく読み取れなくなる可能性があります。バイアスがない状況で、きちんとした技術をもった専門家が読唇すれば、6~7割の精度はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る