サラリーマンの「仮病で欠勤」 会社は解雇できるのか?

公開日: 更新日:

「この、ハゲー」から1カ月以上になるが、自民党の豊田真由子議員はまだ雲隠れ中とか。スキャンダルを起こした国会議員や芸能人は、なぜか病気になる。仮に精神的な疾患などが本当だとしても、身から出たサビ。議員として働けないのなら、さっさと辞職すべきだろう。

 ちょっとした「病気」は、サラリーマン社会でも使われやすい「会社に行きたくないときのアイテム」だ。豊田議員のように入院はできなくても、電話口でつらそうなふりをして欠勤した経験のあるサラリーマンは少なくないだろう。会社としては「給料ドロボー」と訴えたくなるが、東京永田町法律事務所の加藤寛久弁護士によると、仮病を断罪するのは難しいという。

「仮病を理由に解雇処分を受けた社員が会社を不当解雇として訴えれば、会社側は負ける可能性が高いですね。処分を下すには、就業規則で懲戒処分の詳細を定めている必要があります。懲戒の対象行為として『正当な理由なく無断でしばしば欠勤、遅刻、早退を繰り返し、注意を受けても改めなかったとき』などと定めておき、それを周知・徹底させていることが前提になるのです。その上で、社員の行為の内容が懲戒処分に相当するか、客観的に判断することになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る