スペイン・カタルーニャ州独立 映画で理解する歴史的背景

公開日:

 住民投票でスペインからの独立支持が多数を占めたカタルーニャ州で、州首相が独立宣言に署名。しかし施行は数週間延期し、中央政府との対話の可能性を残した。だが現地では数十万人のデモが巻き起こり、もはや後戻りはできない勢いだ。

 世界中でナショナリズムが高まる中、民族対立の最前線となってしまったカタルーニャの独立問題について、この地方独特の空気を理解するのに役立つ映画がある。

 バルセロナの国際的シェアハウスで暮らす7人の若者を描いた青春映画「スパニッシュ・アパートメント」(02年、スペイン・フランス)だ。作中で描かれる“カタルーニャ気質”について、映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「主人公の若者は就職に必要なスペイン語を習うためこの地の大学院に行くのですが、そこでは標準スペイン語ではなくカタルーニャ語で授業が行われている。さっぱり通じないので他の留学生がクレームをつけますが、教授は断固として聞き入れません。これはフランコ独裁時代に数十万人もの国内移住者を送り込まれ、カタルーニャ語を禁じられた民族的トラウマの名残を描いたシーンです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る