スペイン・カタルーニャ州独立 映画で理解する歴史的背景

公開日: 更新日:

 住民投票でスペインからの独立支持が多数を占めたカタルーニャ州で、州首相が独立宣言に署名。しかし施行は数週間延期し、中央政府との対話の可能性を残した。だが現地では数十万人のデモが巻き起こり、もはや後戻りはできない勢いだ。

 世界中でナショナリズムが高まる中、民族対立の最前線となってしまったカタルーニャの独立問題について、この地方独特の空気を理解するのに役立つ映画がある。

 バルセロナの国際的シェアハウスで暮らす7人の若者を描いた青春映画「スパニッシュ・アパートメント」(02年、スペイン・フランス)だ。作中で描かれる“カタルーニャ気質”について、映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「主人公の若者は就職に必要なスペイン語を習うためこの地の大学院に行くのですが、そこでは標準スペイン語ではなくカタルーニャ語で授業が行われている。さっぱり通じないので他の留学生がクレームをつけますが、教授は断固として聞き入れません。これはフランコ独裁時代に数十万人もの国内移住者を送り込まれ、カタルーニャ語を禁じられた民族的トラウマの名残を描いたシーンです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る