ビビットは倫理違反 “迷惑モノ企画”セーフとアウトの境界

公開日: 更新日:

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、審議入りしていたTBS系の情報番組「白熱ライブ ビビット」(当時)のホームレス企画について「放送倫理違反あり」のジャッジを下した。

 俎上に載っていたのは今年1月31日の放送回。「多摩川リバーサイドヒルズ族」と題し、多摩川の河川敷で暮らすホームレスの人びとをシリーズ化して取り上げる名物企画の第7弾だ。法定の予防接種を受けさせずに犬を複数匹飼っているホームレス男性を取材し、放送した。

 何がまずかったのか。BPOは3つのダメ出しをした。まず、ホームレス男性A氏に「犬男爵」とニックネームをつけた上、別のホームレス男性の発言を引用して「人間の皮を被った化け物」とイラスト付きで紹介。加えて、A氏がカメラに向かって怒鳴りつけるシーンを3回繰り返したことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る