清水良太郎は覚醒剤…何が2世タレントをダメにするのか

公開日: 更新日:

「捕まってもいないのにこんな大騒ぎになって。本当に(賭博は)やっていないのに、それでこんなにも騒ぐのか。そもそも違法な店と知らず、(自分は)だまされている側。一番納得できないのは2世だからと。違う2世の人まで2世は甘いとか言われているけど、そんなの関係ないでしょ。親父と自分は違う」――。

 覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された清水アキラの三男、タレントの清水良太郎は先月、TBS系のバラエティー「今夜解禁!ザ・因縁」で美川憲一(71)と対談した際、そんなご託を並べていた。

 今年2月に違法賭博場への出入りが発覚。4カ月間謹慎したが、反省どころか、不満たらたら。その態度に業を煮やした美川が大麻所持で逮捕された自分の過去を引き合いに、「粋がってもいい。だけど信頼を取り戻すのは大変。変わらなかったらこの芸能界から消える」などと説教したが馬の耳に念仏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る