清水良太郎は覚醒剤…何が2世タレントをダメにするのか

公開日:

「捕まってもいないのにこんな大騒ぎになって。本当に(賭博は)やっていないのに、それでこんなにも騒ぐのか。そもそも違法な店と知らず、(自分は)だまされている側。一番納得できないのは2世だからと。違う2世の人まで2世は甘いとか言われているけど、そんなの関係ないでしょ。親父と自分は違う」――。

 覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された清水アキラの三男、タレントの清水良太郎は先月、TBS系のバラエティー「今夜解禁!ザ・因縁」で美川憲一(71)と対談した際、そんなご託を並べていた。

 今年2月に違法賭博場への出入りが発覚。4カ月間謹慎したが、反省どころか、不満たらたら。その態度に業を煮やした美川が大麻所持で逮捕された自分の過去を引き合いに、「粋がってもいい。だけど信頼を取り戻すのは大変。変わらなかったらこの芸能界から消える」などと説教したが馬の耳に念仏だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る