豪誌オススメ5位に 紀伊半島の人気急上昇に県職員の努力

公開日:

 快挙といえるだろう。

 世界的に知られるオーストラリアの旅行専門誌「ロンリープラネット」が発表した「おすすめ旅行先」で日本の紀伊半島が5位にランクインした。1位の北アイルランド、2位の米アラスカ州などに次ぐベスト5入りだ。

 紀伊半島は大まかにいうと和歌山、三重、奈良の3県からなる。同誌はほとんどの観光資源が和歌山に集中しているとしている。

 和歌山県に問い合わせたところ、県内の熊野三山と高野山、それに奈良の吉野・大峯の3カ所の霊場が評価されたという。2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された地域だ。

「和歌山県を訪れる外国人観光客は11年は8万人でしたが、16年は50万人と、5年で6倍に増えました。そのうち米、欧、豪からのお客さまは10万7000人。欧米人の大半が世界遺産を訪ねて瞑想を体験し、勤行や読経を見学します。山岳地帯のような日本の奥地を訪ね、スピリチュアルな文化に触れたがる人が多いようです」(和歌山県観光交流課の後藤暢子課長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る