米誌で魅力的な都市2位に 「ウィーン」が大躍進のなぜ?

公開日: 更新日:

 ヨーロッパの人気観光地といえば、パリやロンドンがすぐに思い浮かぶが、ここにきてウィーンの株が上がり話題になっている。

 米国の大手旅行誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が先ごろ発表した魅力的な世界の都市ランキングによると、1位は2年連続で東京。注目は2位にウィーンがランキングされたことだ。昨年が10位だったから大躍進である。ウィーンの何が魅力なのか。

「もともと音楽の都、美術の都として人気がありましたが、近年は東欧へのゲートウエーとして見直されているのです」と言うのは旅行ライターの五嶋幸一氏。

「パリやロンドン、ローマなどに飽きた欧米人にとって、ウィーンは便利で楽しい街なのです。空港がコンパクトなので乗り換えが楽だし、荷物の積み残しや盗難も少ない。しかもクルマで東欧の主要都市に行ける。ウィーンからクルマで2時間も走ればブダペストに着くし、4時間でワルシャワに着きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る