米誌で魅力的な都市2位に 「ウィーン」が大躍進のなぜ?

公開日: 更新日:

 ヨーロッパの人気観光地といえば、パリやロンドンがすぐに思い浮かぶが、ここにきてウィーンの株が上がり話題になっている。

 米国の大手旅行誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が先ごろ発表した魅力的な世界の都市ランキングによると、1位は2年連続で東京。注目は2位にウィーンがランキングされたことだ。昨年が10位だったから大躍進である。ウィーンの何が魅力なのか。

「もともと音楽の都、美術の都として人気がありましたが、近年は東欧へのゲートウエーとして見直されているのです」と言うのは旅行ライターの五嶋幸一氏。

「パリやロンドン、ローマなどに飽きた欧米人にとって、ウィーンは便利で楽しい街なのです。空港がコンパクトなので乗り換えが楽だし、荷物の積み残しや盗難も少ない。しかもクルマで東欧の主要都市に行ける。ウィーンからクルマで2時間も走ればブダペストに着くし、4時間でワルシャワに着きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  2. 2

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  8. 8

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る