米誌で魅力的な都市2位に 「ウィーン」が大躍進のなぜ?

公開日:

 ヨーロッパの人気観光地といえば、パリやロンドンがすぐに思い浮かぶが、ここにきてウィーンの株が上がり話題になっている。

 米国の大手旅行誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が先ごろ発表した魅力的な世界の都市ランキングによると、1位は2年連続で東京。注目は2位にウィーンがランキングされたことだ。昨年が10位だったから大躍進である。ウィーンの何が魅力なのか。

「もともと音楽の都、美術の都として人気がありましたが、近年は東欧へのゲートウエーとして見直されているのです」と言うのは旅行ライターの五嶋幸一氏。

「パリやロンドン、ローマなどに飽きた欧米人にとって、ウィーンは便利で楽しい街なのです。空港がコンパクトなので乗り換えが楽だし、荷物の積み残しや盗難も少ない。しかもクルマで東欧の主要都市に行ける。ウィーンからクルマで2時間も走ればブダペストに着くし、4時間でワルシャワに着きます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る