ドル箱韓国が閑古鳥 格安旅行業者に北朝鮮緊迫の深刻影響

公開日: 更新日:

 格安旅行業者「てるみくらぶ」の倒産(今年3月)はまだ記憶に新しいが、今月も「アバンティリゾートクラブ」が経営破綻した。代金支払い済みの出発予定者は1000人以上とみられる。

 東京商工リサーチによると、今年上期(4~9月)の旅行業の倒産は17件に上り、4年ぶりに増加に転じた。また、旅行業者1700社を調査したところ、売り上げ1億円以下だった会社の2割が赤字を出しているという。旅行業界の経営は苦しそうだが、「11月から年末にかけては、もうひと波乱あるかもしれない」(業界関係者)という。足を引っ張るのが、北朝鮮の問題だ。

 この十数年、北朝鮮の隣国・韓国と、弾道ミサイル攻撃の対象として名指しされたグアムは、日本人の人気渡航先で常にトップ10に入ってきた。旅行業に進出したネット系の格安会社にとっても、「稼げる2大エリア」だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  2. 2

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  3. 3

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  7. 7

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  10. 10

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る