ノーベル賞のイシグロ氏が文化勲章に選ばれなかったワケ

公開日: 更新日:

 ノーベル賞の受賞が決定した日本人は大体、その年に文化勲章を贈られる。が、今年の文学賞に決まった長崎生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)は「文化勲章の受章者に選ばれず」と報じられ、ネット上でちょっとした話題になっている。

 ノーベル賞受賞者で文化勲章を受章しなかった日本人は、故・佐藤栄作元首相(1974年平和賞)、作家の大江健三郎氏(94年文学賞)の2人のみ。それも大江氏は受章を辞退しただけだ。

 ネット上には「安倍首相に何か忖度したのか」「(年350万円の)文化功労者年金を払いたくなかったのか」なんてうがった書き込みもあったが、「(イシグロ氏は)あくまで英国人。受章する理由がない」という意見が大勢を占める。 

 確かに、イシグロ氏は「日本語を話す日本人の両親のもとで育った」とはいえ、父親の仕事の都合で5歳のころに渡英。英国の大学で学び、英国で作家活動を続け、英国女性と結婚し、現在もロンドンで暮らしている。もはや「石黒一雄」とは言い難いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る