ノーベル賞のイシグロ氏が文化勲章に選ばれなかったワケ

公開日: 更新日:

 ノーベル賞の受賞が決定した日本人は大体、その年に文化勲章を贈られる。が、今年の文学賞に決まった長崎生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)は「文化勲章の受章者に選ばれず」と報じられ、ネット上でちょっとした話題になっている。

 ノーベル賞受賞者で文化勲章を受章しなかった日本人は、故・佐藤栄作元首相(1974年平和賞)、作家の大江健三郎氏(94年文学賞)の2人のみ。それも大江氏は受章を辞退しただけだ。

 ネット上には「安倍首相に何か忖度したのか」「(年350万円の)文化功労者年金を払いたくなかったのか」なんてうがった書き込みもあったが、「(イシグロ氏は)あくまで英国人。受章する理由がない」という意見が大勢を占める。 

 確かに、イシグロ氏は「日本語を話す日本人の両親のもとで育った」とはいえ、父親の仕事の都合で5歳のころに渡英。英国の大学で学び、英国で作家活動を続け、英国女性と結婚し、現在もロンドンで暮らしている。もはや「石黒一雄」とは言い難いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る