ノーベル賞のイシグロ氏が文化勲章に選ばれなかったワケ

公開日:

 ノーベル賞の受賞が決定した日本人は大体、その年に文化勲章を贈られる。が、今年の文学賞に決まった長崎生まれの英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)は「文化勲章の受章者に選ばれず」と報じられ、ネット上でちょっとした話題になっている。

 ノーベル賞受賞者で文化勲章を受章しなかった日本人は、故・佐藤栄作元首相(1974年平和賞)、作家の大江健三郎氏(94年文学賞)の2人のみ。それも大江氏は受章を辞退しただけだ。

 ネット上には「安倍首相に何か忖度したのか」「(年350万円の)文化功労者年金を払いたくなかったのか」なんてうがった書き込みもあったが、「(イシグロ氏は)あくまで英国人。受章する理由がない」という意見が大勢を占める。 

 確かに、イシグロ氏は「日本語を話す日本人の両親のもとで育った」とはいえ、父親の仕事の都合で5歳のころに渡英。英国の大学で学び、英国で作家活動を続け、英国女性と結婚し、現在もロンドンで暮らしている。もはや「石黒一雄」とは言い難いだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る