• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラリーマンを追い詰める“残業ランナーズハイ”の恐怖

 残業がきついほど幸せを感じる――。サラリーマンの奇妙な実態が注目されている。

 人材サービス「パーソル総合研究所」と東大の中原淳准教授(人材開発)が全国の管理職と従業員6000人にアンケート。残業時間ごとの幸福度を5つの質問で7段階評価してもらった(35ポイント満点)。その結果、幸福度が最も高かったのはひと月の残業が1~10時間未満の人で18.58ポイント。最低は45~60時間の人で16.98ポイントだった。

 意外なのは60時間以上の人が17.54ポイントだったこと。45~60時間の人より、幸福度が高いという結果が出たのだ。中原准教授は「ランナーズハイみたいなものがある」と分析している。

 残業が一定レベルを超えて増えると幸せを感じるとはまるでマゾヒズムのような現象。なぜこうなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る