50歳で弟子入り 没後200年の伊能忠敬に学ぶリア充な老後

公開日: 更新日:

 今年は伊能忠敬没後200年。伊能忠敬といえば、事業家として成功した後、50歳から天文学を学び、日本初の実測全国地図を作り上げた偉人。そんな“元祖・シニアの星”に、ある世代から注目が集まっている。

 1818(文政元)年の4月13日(太陽暦では5月17日)に73歳でこの世を去ってから今年で200年。22年前から伊能忠敬の実像を普及させてきた「伊能忠敬研究会」の渡辺一郎名誉代表が言う。

「伊能忠敬を一言で表すなら、旺盛な好奇心とチャレンジ精神、そして合理的な経済マインドを併せ持った人物。自分の夢に果敢に挑みながら、決して無駄遣いをしたり、私財をすり減らしたりしなかった点は、今にも通じるバランス感覚の良さだと思います」

■隠居後は50歳で“第二の人生”

 忠敬は17歳で佐原の酒造家に入り婿し、家業をもり立て49歳で隠居。その時の家の資産は3万両ともいわれる。当時の価値の比較は一概にはいえないが、大ざっぱに1両=10万円とすれば、30億円に上るからスゴイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る