ブラック企業大賞に名前が挙がった問題企業9社の“言い分”

公開日: 更新日:

「ブラック企業大賞」は過労死や自殺などの問題を起こした企業を対象にした賞。6回目の今年はノミネート企業9社が発表された。驚くのは有名企業が多いことだ。

「ゼリア新薬」は2013年に22歳の男性社員が研修中に自殺。吃音だったことやいじめを受けたことを告白させられ、精神疾患を発症したとされる。

「パナソニック」は16年に富山工場の40代男性社員が過労で自殺。ほかに社員らに長時間残業をさせたとして労働基準法違反で書類送検された。「NHK」は先般問題になった31歳の女性記者の心不全による死亡。「大成建設・三信建設」は下請けの三信建設社員(23)が新国立競技場建設で190時間の残業をして自殺した。「引越社」は男性社員を懲戒解雇し、その理由を「罪状」と記載して顔写真とともに店舗に掲示したという。

 今回名指しされたことにパナソニック広報部は「書類送検されたのは事実。誠に申し訳なく、謹んでおわびいたします」と回答。大和ハウスは「残業時間の見解に相違がありますが、未払いの給料を支払うべく話し合いをしています」(広報企画室)と説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る