• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“住みたい街”上位は手厚い 助成金の賢い活用法を識者解説

 今年の「住みたい街ランキング」(リクルート住まいカンパニー)が発表された。都心に比べたら生活費を抑えられる埼玉「大宮」は昨年15位→9位、「浦和」は同19位→10位と、お財布事情も反映しているようだ。

「街が人気になって住民が増えれば税収も増える。その分、住民への助成金も手厚くなります。移り住む際の参考にしたり、うまく利用しない手はありません」と話すのは生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 例えば、住みたい街の2位「恵比寿」(渋谷区)では、出産した人に「ハッピーマザー出産助成金」(限度額10万円)を支給。6位の「武蔵小杉」(川崎市)では、「災害遺児等福祉手当」を受けている人の児童が小、中学校に入学した場合などに5万円の祝い金を贈っている。

「春は何かと支出が増えますが、ベビーカーとかチャイルドシートなどを無料レンタルしてくれる自治体もある。住んでいる街の担当部署に問い合わせてみると、余計なお金を使わずに済むこともあります」(柏木理佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る