“住みたい街”上位は手厚い 助成金の賢い活用法を識者解説

公開日:

 今年の「住みたい街ランキング」(リクルート住まいカンパニー)が発表された。都心に比べたら生活費を抑えられる埼玉「大宮」は昨年15位→9位、「浦和」は同19位→10位と、お財布事情も反映しているようだ。

「街が人気になって住民が増えれば税収も増える。その分、住民への助成金も手厚くなります。移り住む際の参考にしたり、うまく利用しない手はありません」と話すのは生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 例えば、住みたい街の2位「恵比寿」(渋谷区)では、出産した人に「ハッピーマザー出産助成金」(限度額10万円)を支給。6位の「武蔵小杉」(川崎市)では、「災害遺児等福祉手当」を受けている人の児童が小、中学校に入学した場合などに5万円の祝い金を贈っている。

「春は何かと支出が増えますが、ベビーカーとかチャイルドシートなどを無料レンタルしてくれる自治体もある。住んでいる街の担当部署に問い合わせてみると、余計なお金を使わずに済むこともあります」(柏木理佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る