“住みたい街”上位は手厚い 助成金の賢い活用法を識者解説

公開日:

 今年の「住みたい街ランキング」(リクルート住まいカンパニー)が発表された。都心に比べたら生活費を抑えられる埼玉「大宮」は昨年15位→9位、「浦和」は同19位→10位と、お財布事情も反映しているようだ。

「街が人気になって住民が増えれば税収も増える。その分、住民への助成金も手厚くなります。移り住む際の参考にしたり、うまく利用しない手はありません」と話すのは生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 例えば、住みたい街の2位「恵比寿」(渋谷区)では、出産した人に「ハッピーマザー出産助成金」(限度額10万円)を支給。6位の「武蔵小杉」(川崎市)では、「災害遺児等福祉手当」を受けている人の児童が小、中学校に入学した場合などに5万円の祝い金を贈っている。

「春は何かと支出が増えますが、ベビーカーとかチャイルドシートなどを無料レンタルしてくれる自治体もある。住んでいる街の担当部署に問い合わせてみると、余計なお金を使わずに済むこともあります」(柏木理佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る