宇都宮vs浜松“ギョーザ戦争”の陰で「堺市3位浮上」のナゼ

公開日:

 総務省の家計調査による年間ギョーザ購入額ランキング(2017年)が先月30日に発表された。

 1位は宇都宮市で、1世帯当たり4258円。全国の県庁所在地や政令指定都市の中で4年ぶりに日本一になった。2位は浜松市で3582円。この2市が長年熾烈なライバル関係にあることは周知の事実。16年まで3年連続で浜松市がトップ、宇都宮市は2位に甘んじていた。

 宇都宮市の佐藤栄一市長は「順位に一喜一憂はしない」とコメントしているが、内心ホッとしているだろう。

 なにせ4月から栃木県を対象にしたJRの「デスティネーションキャンペーン」が始まるし、初夏には宇都宮を舞台にした映画「キスできる餃子」の公開を控える。関係者としては、宇都宮=ギョーザの街のイメージをより強く県内外に示したかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る