しりあがり寿さん<4>「ハートランド」の開発チームに抜擢

公開日:

 1985年の夏、結婚したその年に、しりあがりさんは漫画家としてデビューする。最初の単行本、「エレキな春」(白泉社)を出版したのだ。

「入社5年目のときです。会社には就業規則があり、バイトしちゃダメと決まっています。ただ、社内で同人誌を売ってたんでボクが漫画を描いてることは知られていました。で、考えたんです。もし、売れてしまったら一大事! 先に部長にひと言伝えておいた方がいいなと。怒られた? そうじゃないんです。

 部長は“休日に漫画を描くのは自分たちがゴルフをするようなもの。構わないよ”と。部長だけでなく、みんながボクが漫画を描くのを守ってくれました。ホント、人に恵まれていましたね。もっとも、コレで“あんまり変な漫画は描けないぞ”って、プレッシャーがあったのも事実。正直、けっこう、ビクビクしてましたから。ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る