しりあがり寿さん<4>「ハートランド」の開発チームに抜擢

公開日: 更新日:

 1985年の夏、結婚したその年に、しりあがりさんは漫画家としてデビューする。最初の単行本、「エレキな春」(白泉社)を出版したのだ。

「入社5年目のときです。会社には就業規則があり、バイトしちゃダメと決まっています。ただ、社内で同人誌を売ってたんでボクが漫画を描いてることは知られていました。で、考えたんです。もし、売れてしまったら一大事! 先に部長にひと言伝えておいた方がいいなと。怒られた? そうじゃないんです。

 部長は“休日に漫画を描くのは自分たちがゴルフをするようなもの。構わないよ”と。部長だけでなく、みんながボクが漫画を描くのを守ってくれました。ホント、人に恵まれていましたね。もっとも、コレで“あんまり変な漫画は描けないぞ”って、プレッシャーがあったのも事実。正直、けっこう、ビクビクしてましたから。ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る