大隅潔さん<1>東京五輪候補生としてで明治大学に入学

公開日: 更新日:

 日馬富士の暴行事件の一件以降、最近は土俵の女人禁制騒動もあって、テレビでこの人の顔を見ない日はない。元スポーツニッポン新聞社の記者で、現在は東京相撲記者クラブ会友として活躍する大隅潔さんだ。

 地元の天竜川で泳いでいた少年が1964年の東京オリンピック日本代表(200メートル背泳ぎ)になる。

「浜松商業高校時代は、身長174センチで体重67キロ。ゴボウみたいに細い体で、インターハイや国体に出ても上位8人の決勝にも残れないB級選手。ところが、4年後の東京五輪をにらんで各大学が“枯れ木も山の賑わい”で代表候補生をたくさん受け入れていたため、私みたいな選手でも日本大学、中央大学、立教大学、明治大学から10月ごろに推薦入学の打診が来たのです。伯父が高塚駅の駅長をしていて、高校を出たら国鉄職員になろうと思っていましたが、どうしても東京に行きたくて両親に拝み込んで大学に行かせてもらいました。明治を選んだのは、単純に弱かったから。当時は日大に福島滋雄とか有望選手が多く、どうせレギュラーなんかにはなれっこない。驚いたのは4月になって大学の授業が始まったとき。いざ校舎に向かったら、水泳部の上級生に呼び止められた。『何しに来たんだ。勉強するバカがあるか!』というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

もっと見る