• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<1>東京五輪候補生としてで明治大学に入学

 日馬富士の暴行事件の一件以降、最近は土俵の女人禁制騒動もあって、テレビでこの人の顔を見ない日はない。元スポーツニッポン新聞社の記者で、現在は東京相撲記者クラブ会友として活躍する大隅潔さんだ。

 地元の天竜川で泳いでいた少年が1964年の東京オリンピック日本代表(200メートル背泳ぎ)になる。

「浜松商業高校時代は、身長174センチで体重67キロ。ゴボウみたいに細い体で、インターハイや国体に出ても上位8人の決勝にも残れないB級選手。ところが、4年後の東京五輪をにらんで各大学が“枯れ木も山の賑わい”で代表候補生をたくさん受け入れていたため、私みたいな選手でも日本大学、中央大学、立教大学、明治大学から10月ごろに推薦入学の打診が来たのです。伯父が高塚駅の駅長をしていて、高校を出たら国鉄職員になろうと思っていましたが、どうしても東京に行きたくて両親に拝み込んで大学に行かせてもらいました。明治を選んだのは、単純に弱かったから。当時は日大に福島滋雄とか有望選手が多く、どうせレギュラーなんかにはなれっこない。驚いたのは4月になって大学の授業が始まったとき。いざ校舎に向かったら、水泳部の上級生に呼び止められた。『何しに来たんだ。勉強するバカがあるか!』というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る