大隅潔さん<1>東京五輪候補生としてで明治大学に入学

公開日: 更新日:

 日馬富士の暴行事件の一件以降、最近は土俵の女人禁制騒動もあって、テレビでこの人の顔を見ない日はない。元スポーツニッポン新聞社の記者で、現在は東京相撲記者クラブ会友として活躍する大隅潔さんだ。

 地元の天竜川で泳いでいた少年が1964年の東京オリンピック日本代表(200メートル背泳ぎ)になる。

「浜松商業高校時代は、身長174センチで体重67キロ。ゴボウみたいに細い体で、インターハイや国体に出ても上位8人の決勝にも残れないB級選手。ところが、4年後の東京五輪をにらんで各大学が“枯れ木も山の賑わい”で代表候補生をたくさん受け入れていたため、私みたいな選手でも日本大学、中央大学、立教大学、明治大学から10月ごろに推薦入学の打診が来たのです。伯父が高塚駅の駅長をしていて、高校を出たら国鉄職員になろうと思っていましたが、どうしても東京に行きたくて両親に拝み込んで大学に行かせてもらいました。明治を選んだのは、単純に弱かったから。当時は日大に福島滋雄とか有望選手が多く、どうせレギュラーなんかにはなれっこない。驚いたのは4月になって大学の授業が始まったとき。いざ校舎に向かったら、水泳部の上級生に呼び止められた。『何しに来たんだ。勉強するバカがあるか!』というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る