平田静子さん<1>「チーズはどこへ消えた?」の2つの戦略

公開日: 更新日:

 1969年に明治大学短期大学を卒業し、フジテレビに入社。普通の“お茶くみOL”をしていた平田静子さん(69)は、出向先で出版プロデューサーに転身するとヒットを連発。「チーズはどこへ消えた?」は累計400万部のベストセラーとなった。フジサンケイグループで初の女性役員にも就任。62歳で退職後は「ヒラタワークス」を設立し、68歳からサニーサイドアップキャリア代表取締役も兼務している。波乱に満ちた会社員人生だ。

 平田さんは「チーズはどこへ消えた?」で、売るための2つの戦略を立てたという。1つ目は「社長にお手紙作戦」。トップ経営者が年末年始に話すネタの参考にしてもらえるよう、書籍を手紙と共に送り続けた。2つ目は「帯の掛け替え作戦」。男性と女性それぞれの購読者向け、入学や卒業シーズンに合わせたキーワードをちりばめた帯だった。それが大ヒットにつながったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る