平田静子さん<1>「チーズはどこへ消えた?」の2つの戦略

公開日:

 1969年に明治大学短期大学を卒業し、フジテレビに入社。普通の“お茶くみOL”をしていた平田静子さん(69)は、出向先で出版プロデューサーに転身するとヒットを連発。「チーズはどこへ消えた?」は累計400万部のベストセラーとなった。フジサンケイグループで初の女性役員にも就任。62歳で退職後は「ヒラタワークス」を設立し、68歳からサニーサイドアップキャリア代表取締役も兼務している。波乱に満ちた会社員人生だ。

 平田さんは「チーズはどこへ消えた?」で、売るための2つの戦略を立てたという。1つ目は「社長にお手紙作戦」。トップ経営者が年末年始に話すネタの参考にしてもらえるよう、書籍を手紙と共に送り続けた。2つ目は「帯の掛け替え作戦」。男性と女性それぞれの購読者向け、入学や卒業シーズンに合わせたキーワードをちりばめた帯だった。それが大ヒットにつながったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る