周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

資産1000億円超 東京や神戸などに14もの大型ホテルを所有

公開日: 更新日:

 2012年9月18日、日本政府が尖閣諸島(釣魚島)を国有化したことに対して、中国各地で大規模な反日デモが行われた。週末には80超の都市に広がり、一部の参加者が日系の流通チェーンや日本車を破壊するなど過激化。日中関係は一気に冷え込んだ。

 中国政府が動いた。国民に日本への渡航自粛を呼びかけた。右肩上がりで増え続けた中国人観光客はピタリと止まった。その影響をもろに受けるN氏にとっては、まさに青天の霹靂。団体ツアーも個人旅行者からもキャンセルの嵐が起こって、どのホテルも閑古鳥が鳴くありさまだった。

「ピンチは、その年の年末まで続いて、従業員の給料やホテルの維持費で赤字だけがどんどん膨らんでいったそうです。それを見て同情する日本人もいれば、“ざまあ見ろ”と陰口をたたく中国人もいました。誰もが彼は再起不能だと思いましたね」(N氏を知る日本人ホテル業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る