周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

元エリート卓球選手の“夜の顔”は中国人専門クラブの経営者

公開日: 更新日:

 2006年、かつて中国のエリート卓球選手だったY氏は、新宿・歌舞伎町で中国人専門クラブの経営を始める。最初は知人のクラブを土日だけ借りての営業だったが、あまりの繁盛ぶりに商売を深夜にも拡大。平日、もともとのクラブの営業終了後に、早朝まで接客する日々が続いた。

 中国人専門のクラブは2パターンある。一つは日本のクラブと同様、酒を飲んだり、カラオケを歌ったり、ホステスと話したりするだけの、いわゆる「清店」。もう一つは「黄店」。中国語では“イエロー”はピンクの意味合いを持つ。つまり、女の子を店外に連れ出しデート出来る店だ。

 Y氏の店は後者である。入店料は一律1万円、客のボトル代は別途。ホステスのドリンク代は1杯1000円、安くも高くもない。気に入った子を店外に連れ出す相場は3万円。これがホステスの取り分で、残りは全て店の売り上げになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る