周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

元エリート卓球選手の“夜の顔”は中国人専門クラブの経営者

公開日:

 2006年、かつて中国のエリート卓球選手だったY氏は、新宿・歌舞伎町で中国人専門クラブの経営を始める。最初は知人のクラブを土日だけ借りての営業だったが、あまりの繁盛ぶりに商売を深夜にも拡大。平日、もともとのクラブの営業終了後に、早朝まで接客する日々が続いた。

 中国人専門のクラブは2パターンある。一つは日本のクラブと同様、酒を飲んだり、カラオケを歌ったり、ホステスと話したりするだけの、いわゆる「清店」。もう一つは「黄店」。中国語では“イエロー”はピンクの意味合いを持つ。つまり、女の子を店外に連れ出しデート出来る店だ。

 Y氏の店は後者である。入店料は一律1万円、客のボトル代は別途。ホステスのドリンク代は1杯1000円、安くも高くもない。気に入った子を店外に連れ出す相場は3万円。これがホステスの取り分で、残りは全て店の売り上げになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る