周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

元エリート卓球選手の“夜の顔”は中国人専門クラブの経営者

公開日: 更新日:

 2006年、かつて中国のエリート卓球選手だったY氏は、新宿・歌舞伎町で中国人専門クラブの経営を始める。最初は知人のクラブを土日だけ借りての営業だったが、あまりの繁盛ぶりに商売を深夜にも拡大。平日、もともとのクラブの営業終了後に、早朝まで接客する日々が続いた。

 中国人専門のクラブは2パターンある。一つは日本のクラブと同様、酒を飲んだり、カラオケを歌ったり、ホステスと話したりするだけの、いわゆる「清店」。もう一つは「黄店」。中国語では“イエロー”はピンクの意味合いを持つ。つまり、女の子を店外に連れ出しデート出来る店だ。

 Y氏の店は後者である。入店料は一律1万円、客のボトル代は別途。ホステスのドリンク代は1杯1000円、安くも高くもない。気に入った子を店外に連れ出す相場は3万円。これがホステスの取り分で、残りは全て店の売り上げになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

もっと見る