周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

中国人ホテル王 私費留学で来日時の所持金は5000円だった

公開日: 更新日:

 夕暮れの東京湾。レインボーブリッジを潜って東京ゲートブリッジへ向かう豪華クルーザーの船内から、割れんばかりの拍手が夜空に響いた。

 巴拿馬号(パナマ号)という名のこのクルーザーは、ピカピカのシルバー色。全長30メートル、3階建てで、価格は10億円は下らない代物だという。

 船内2階のラウンジで、恰幅のよい大柄な男がグランドピアノで「エリーゼのために」を披露し終えたばかり。約30人ほどの来客を前に、男は左手でマイクを握り右手でシャンパングラスを持ち上げた。来客から再び喝采が起こり、挨拶のためテーブルを回り始める。

「歓迎各位光臨! 我が社が12番目に買収したホテルの発表会にようこそ! 今夜も東京湾の星空と一緒に思い切って楽しんで下さい」

 この船主こそ、読売新聞に“在日華人一の富豪”と報道されたN氏だ。日本で12のホテル、3つのゴルフ場、3つの日本語学校を所有し、ほかにもバス会社、旅行会社、新聞社など多角経営で大成功を収めた華人企業家である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る