• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

中国人ホテル王 私費留学で来日時の所持金は5000円だった

 夕暮れの東京湾。レインボーブリッジを潜って東京ゲートブリッジへ向かう豪華クルーザーの船内から、割れんばかりの拍手が夜空に響いた。

 巴拿馬号(パナマ号)という名のこのクルーザーは、ピカピカのシルバー色。全長30メートル、3階建てで、価格は10億円は下らない代物だという。

 船内2階のラウンジで、恰幅のよい大柄な男がグランドピアノで「エリーゼのために」を披露し終えたばかり。約30人ほどの来客を前に、男は左手でマイクを握り右手でシャンパングラスを持ち上げた。来客から再び喝采が起こり、挨拶のためテーブルを回り始める。

「歓迎各位光臨! 我が社が12番目に買収したホテルの発表会にようこそ! 今夜も東京湾の星空と一緒に思い切って楽しんで下さい」

 この船主こそ、読売新聞に“在日華人一の富豪”と報道されたN氏だ。日本で12のホテル、3つのゴルフ場、3つの日本語学校を所有し、ほかにもバス会社、旅行会社、新聞社など多角経営で大成功を収めた華人企業家である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る