周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

同胞向け「日本語学校」経営で儲けて不動産を買いまくる

公開日:

 N氏が来日した頃、日本はバブルの全盛期。一方、中国は改革開放政策を実施してから間もなくで、まだ貧しかった。N氏の1日の稼ぎは、北京に住む両親の1カ月分の給料よりも多かった。

 しかし、90年代になると、バブルがはじけて日本の経済状況は一変する。以降、10年以上続く景気低迷により不動産は下落。不良債権として多くの物件が競売に出されるが、ほとんどの日本人は見向きもしなかった。

「いよいよ自分の出番が来たぞ!」

 N氏は全身全霊で感じたという。日本人が手を出せなくても、13億人の同胞がバックにいる自分には大きなチャンスだ――。そう考えたN氏はこれまで蓄えていた資金の全てを投じて、競売物件から“宝探し”を始めたのだ。

「Nが不動産を買い始めたのは2001年から。我々も知らないうちに東京や千葉で10棟以上のビルを購入した。大半が裁判所で競売にかけられた格安物件だよ。決断は速かったね~」(旧知の日本人不動産業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る