周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

同胞向け「日本語学校」経営で儲けて不動産を買いまくる

公開日: 更新日:

 N氏が来日した頃、日本はバブルの全盛期。一方、中国は改革開放政策を実施してから間もなくで、まだ貧しかった。N氏の1日の稼ぎは、北京に住む両親の1カ月分の給料よりも多かった。

 しかし、90年代になると、バブルがはじけて日本の経済状況は一変する。以降、10年以上続く景気低迷により不動産は下落。不良債権として多くの物件が競売に出されるが、ほとんどの日本人は見向きもしなかった。

「いよいよ自分の出番が来たぞ!」

 N氏は全身全霊で感じたという。日本人が手を出せなくても、13億人の同胞がバックにいる自分には大きなチャンスだ――。そう考えたN氏はこれまで蓄えていた資金の全てを投じて、競売物件から“宝探し”を始めたのだ。

「Nが不動産を買い始めたのは2001年から。我々も知らないうちに東京や千葉で10棟以上のビルを購入した。大半が裁判所で競売にかけられた格安物件だよ。決断は速かったね~」(旧知の日本人不動産業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る