周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

同胞向け「日本語学校」経営で儲けて不動産を買いまくる

公開日: 更新日:

 N氏が来日した頃、日本はバブルの全盛期。一方、中国は改革開放政策を実施してから間もなくで、まだ貧しかった。N氏の1日の稼ぎは、北京に住む両親の1カ月分の給料よりも多かった。

 しかし、90年代になると、バブルがはじけて日本の経済状況は一変する。以降、10年以上続く景気低迷により不動産は下落。不良債権として多くの物件が競売に出されるが、ほとんどの日本人は見向きもしなかった。

「いよいよ自分の出番が来たぞ!」

 N氏は全身全霊で感じたという。日本人が手を出せなくても、13億人の同胞がバックにいる自分には大きなチャンスだ――。そう考えたN氏はこれまで蓄えていた資金の全てを投じて、競売物件から“宝探し”を始めたのだ。

「Nが不動産を買い始めたのは2001年から。我々も知らないうちに東京や千葉で10棟以上のビルを購入した。大半が裁判所で競売にかけられた格安物件だよ。決断は速かったね~」(旧知の日本人不動産業者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る