周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

同郷の妻との出会いが契機 埼玉県川口市に卓球場をオープン

公開日:

 中国で卓球ひと筋のエリート人生を歩んできたY氏は、小山ちれ選手(日本に帰化した中国人卓球選手=池田銀行)の練習相手として日本に招聘された。

 だが、来日1年目に歌舞伎町を知ってしまう。ウワサに聞いていた性都で、「初めて女性を買った」という。ひと晩で新宿・歌舞伎町のとりこになってしまったのだ。

「池田銀行との1年契約はアッという間に終わりました。ボクは契約延長もしたくなかったし、上海にも戻りたくなかった。何かいい方法はないかと悩んでいた時、東京にいる同胞の女性が助け舟を出してくれました。それが今の妻です」

 奥さんも上海出身。日本でY氏と知り合った彼女は、死別した日本人の前夫が残した遺産を使って卓球道場を開いてくれたのである。場所は埼玉県川口市。駅から徒歩8分のいい場所だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る