周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

「風俗店の経営者」になった中国卓球界のエリート選手

公開日:

 新宿・歌舞伎町――。区役所通りと花道通りの交差点近くで毎晩遅く、ひとりの小柄の男が中国語で声をかけている。

「想找小姐玩嗎?」(お姉さんと遊ばない?)

 人懐っこい笑顔。大半の同胞は信用し、彼に連れられイルミネーションがキラキラ輝くビルに消えていく。

 いわゆる、客引き稼業。歌舞伎町には常時500人が夜の街に立つ。有名になった、かの歌舞伎町案内人もこれをなりわいにしていた。この中国人もまた、一風変わった経歴を持つ成功者だという。

「彼は12年前、ちょうど中国人観光客が大挙して日本に来始めたことから、風林会館界隈を拠点に客引きを始めたんだ。中国人観光客専門のクラブも経営しているよ。その前は、もっぱら客として毎日のように中国人が経営するクラブに遊びに来てた。あの時は、どこかの卓球クラブでコーチをやってたと聞いたけどね」(日本人の客引き)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る