周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

「風俗店の経営者」になった中国卓球界のエリート選手

公開日: 更新日:

 新宿・歌舞伎町――。区役所通りと花道通りの交差点近くで毎晩遅く、ひとりの小柄の男が中国語で声をかけている。

「想找小姐玩嗎?」(お姉さんと遊ばない?)

 人懐っこい笑顔。大半の同胞は信用し、彼に連れられイルミネーションがキラキラ輝くビルに消えていく。

 いわゆる、客引き稼業。歌舞伎町には常時500人が夜の街に立つ。有名になった、かの歌舞伎町案内人もこれをなりわいにしていた。この中国人もまた、一風変わった経歴を持つ成功者だという。

「彼は12年前、ちょうど中国人観光客が大挙して日本に来始めたことから、風林会館界隈を拠点に客引きを始めたんだ。中国人観光客専門のクラブも経営しているよ。その前は、もっぱら客として毎日のように中国人が経営するクラブに遊びに来てた。あの時は、どこかの卓球クラブでコーチをやってたと聞いたけどね」(日本人の客引き)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る