• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学露文科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で第6回小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年には第50回菊池寛賞を受賞。NHKラジオ深夜便「歌の旅人」、BSフジ「五木寛之『風のcafe』」放送中。日刊ゲンダイ本紙連載「流されゆく日々」はギネス記録を更新中で、16年9月5日に連載10000回を迎えた。著書に「風の王国」「大河の一滴」「他力」ほか、「親鸞」三部作など多数。

連載10447回 競馬にまつわる記憶 <1>

 このところ昔の事をあれこれと思い出そうとつとめている。回想という心のはたらきの大事さを、つくづく感じるようになってきたからだ。
 年を重ねてくると、自然に体が不自由になってくる。80歳、90歳でもジョギングをするような元気な老人もいるが、そういう人は例外だろう。
 体の節ぶしが痛んだり、動作が不自由になるのは、自然のことだ。筋肉量も落ち、足早やに歩くことさえままならない。加齢によるフィジカルな退化を、いまさらどうにかしようとは思わない。せめてそろそろと、大事に動いて、転んだりしないように気をつけるだけだ。
 そんな高齢期は、必ず誰にでも訪れてくるのだ。ゴルフやテニスをやれなくなったら、どうするか。
 そこはやはり内面を充実させて、日々を過ごすしかない。人生百年時代ともなれば、ほぼ60歳から90歳あたりまでの長丁場がその時期だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る