今年の夏は「蚊」が少ない…猛暑続きに水虫の減少も影響?

公開日: 更新日:

 猛暑の続く今年の夏は蚊が少ない――。

 何でも蚊は35度を超す猛暑日では、活動が鈍るそうだ。

 アース製薬の担当者も「蚊の活動に最適な気温は25~30度」とし、それ以上になると、蚊は木陰などでじっと待機しているという。

 ならば、カンカン照りの日中はいざ知らず、気温が30度を下回ってくる夜間には、ブ~ンと活発に飛び回ってくるはず。

 実際、ヒトスジシマカ(やぶ蚊)は昼行性だが、我々が家でよく刺されるアカイエカは夜行性だ。

 ということは、猛暑だから蚊が少ないということではなさそう。単純に梅雨の期間が短く、ボウフラが成育する水たまりが少ないと考える方が適切だろう。

 ただ、もうひとつ気になるデータがある。“水虫治療薬”の大幅な販売減だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る