• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蚊に食われたままにすればかゆくならない」は本当か?

 頑張った独身女性のご褒美に、白馬の王子がやって来る――。大黒摩季はヒット曲「夏が来る」で、そんな女性の理想をマイクに込めたが、白馬の王子はともかく、男女関係なく確実に寄ってくるのは蚊だろう。

 夏の“天敵”をめぐっては、「特定の血液型が食われやすい」といった都市伝説も珍しくなく、そのひとつに「蚊に食われるままにしておくと、かゆくならない」というのもある。本当か。

 蚊に詳しい元東大農学部教授の池庄司敏明氏に話を聞いたところ、「それはないですね」と一蹴されてしまった。

 蚊は人の血を吸うとき、血液を固まりにくくする成分を唾液とともに注入する。それがアレルギー反応を起こし、かゆくなるのだが、都市伝説は血と共に唾液も吸収されるからかゆくならないという。それが否定されたわけだ。根拠は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る