「蚊に食われたままにすればかゆくならない」は本当か?

公開日:

 頑張った独身女性のご褒美に、白馬の王子がやって来る――。大黒摩季はヒット曲「夏が来る」で、そんな女性の理想をマイクに込めたが、白馬の王子はともかく、男女関係なく確実に寄ってくるのは蚊だろう。

 夏の“天敵”をめぐっては、「特定の血液型が食われやすい」といった都市伝説も珍しくなく、そのひとつに「蚊に食われるままにしておくと、かゆくならない」というのもある。本当か。

 蚊に詳しい元東大農学部教授の池庄司敏明氏に話を聞いたところ、「それはないですね」と一蹴されてしまった。

 蚊は人の血を吸うとき、血液を固まりにくくする成分を唾液とともに注入する。それがアレルギー反応を起こし、かゆくなるのだが、都市伝説は血と共に唾液も吸収されるからかゆくならないという。それが否定されたわけだ。根拠は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る