JR東日本「大人の休日倶楽部」ジパング会員なら30%割引

公開日:

■鉄道

 シニア割の定番といえば鉄道。JRが特に力を入れているが、年齢や会社によってサービス名・内容が異なる。テーマパークは孫と遊ぶ時に知っておくと便利。全国の有名パークの割引状況は――。

 JR東日本・北海道が提供している「大人の休日倶楽部」。男女とも50歳から入れる〈ミドル〉と、男65歳・女60歳以上の〈ジパング〉の2種類ある。それぞれ会員制で、JR東日本・北海道全線の切符が何回でも割引になるが、年会費と割引率が異なる。

 ミドルは年会費2575円(初年度無料)で割引率5%、ジパングは年会費4285円で割引率30%と、ジパングの方がかなり厚遇されている。しかもどちらかが65歳以上ならより年会費がお得な夫婦会員(2人で7320円)に申し込める。年に3~4回発売される会員限定のパスもオトクだ。値段とエリアの違う3種類があり、例えば2万6000円の「大人の休日倶楽部パス(JR東日本・北海道)」は、JR東日本・北海道全線と、同エリアの7つの鉄道会社が5日間乗り放題。これはミドル会員でも購入できる。「青春18きっぷ」では乗れない新幹線もOKと、まさにシニアだけの特典だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る