4人で4000円超安い 東海道新幹線は家族で乗ると得をする

公開日: 更新日:

 気が付けば、あすから11月だ。気温40度の暑さに苦しめられたのが先週のように感じるが、そろそろ年末年始の予定も考えなければならない。とりわけ小さな子どもがいる家庭は、早め早めの対策が必要。日本中がごった煮のようになる中で、いかに快適に移動するか――そこが父親の腕の見せどころだろう。

 最近はストレスフルな社会のせいなのか、寛容さが薄れている。新幹線に乗っても「あそこの子どもがうるさい」「隣の人が食べている餃子のにおいが気になる」と文句を言う乗客が少なくない。それだけに子ども連れの旅行は大変だが、そんなファミリーに便利なのが東海道新幹線の「ファミリー車両」だ。これは年末年始の「のぞみ」号に設けられている子ども連れ専用の車両で、周りもみんな同じような乗客なので、気兼ねをする必要がない。

 料金も、普通に乗るより安くなる。繁忙期に東京・品川駅から名古屋駅まで「のぞみ」の指定席を利用すると、大人1人1万1290円で小学生の子どもは5640円だ。これがファミリー車両だと、大人1万200円で子ども4700円。夫婦2人に子ども2人の4人家族の場合、通常3万3860円が2万9800円となり、4060円もお得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る