1年で会員数85倍に シニアを虜にするスキー場のサービス

公開日:

 スキーシーズンがそろそろ終わる。ひところの「スキー離れ」を脱し、一息つくところが増えたというが、活況のスキー場の多くはインバウンド頼りのところがほとんどのようだ。

 しかし中には独自の着眼点で日本人客を伸ばしているところもある。ブランシュたかやまというスキー場が好例だ。このスキー場は蓼科エリアの長野県長和町にあり、第三セクターの長和町振興公社が運営。今どき珍しくスノーボーダーの滑走を認めない、スキーヤーオンリーを貫いている。

 ここのターゲットはずばりシニアだ。スキー場のポスターのモデルもよくあるプロスキーヤーや若者ではなく、渋い老夫婦で、徹底している。

 土日に集中する現役世代とは違い、シニア層は曜日に関係なく来てくれるため、経営上歓迎するスキー場が多く、割引料金を設けているところも多いが、ここの特徴は「シニア倶楽部」という会員制度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る