• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1年で会員数85倍に シニアを虜にするスキー場のサービス

 スキーシーズンがそろそろ終わる。ひところの「スキー離れ」を脱し、一息つくところが増えたというが、活況のスキー場の多くはインバウンド頼りのところがほとんどのようだ。

 しかし中には独自の着眼点で日本人客を伸ばしているところもある。ブランシュたかやまというスキー場が好例だ。このスキー場は蓼科エリアの長野県長和町にあり、第三セクターの長和町振興公社が運営。今どき珍しくスノーボーダーの滑走を認めない、スキーヤーオンリーを貫いている。

 ここのターゲットはずばりシニアだ。スキー場のポスターのモデルもよくあるプロスキーヤーや若者ではなく、渋い老夫婦で、徹底している。

 土日に集中する現役世代とは違い、シニア層は曜日に関係なく来てくれるため、経営上歓迎するスキー場が多く、割引料金を設けているところも多いが、ここの特徴は「シニア倶楽部」という会員制度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る