田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

大山康晴名人超え歴代最多1434勝の羽生善治九段に漂う凄み

公開日: 更新日:

 ちなみに、大山の記録に残る初勝利の対局は、戦前の1940(昭和15)年だった。それから10年間は、戦災などで資料が消失したこともあり、記録がやや不確定である。前記の通算勝利数は、大山が個人的に残しておいた資料を基にして算定されたものだ。実際の勝利数はもっと多かったと思う。

 羽生九段は今年5月23日、王位戦で谷川九段に勝ち、大山と並ぶ1433勝を達成した。さらに6月4日、王位戦で永瀬拓矢叡王(26)に勝ち、最多勝利記録となる1434勝を達成した。

 羽生は大山十五世名人について、「大山先生の記録はたくさんあり、ひとつでも多く挑んでいきたいです。私自身は、大山先生の領域にはまだ達していないと思います。息長く活躍できるように頑張っていきたいです」と語り、さらなる飛躍を目指している。

 次回テーマは、将棋連盟の理事に新任される西尾明七段。

※棋士の肩書はいずれも当時。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る