田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

羽生善治九段が園遊会で見せた“対局”同様の当意即妙な返答

公開日: 更新日:

 1989(昭和64)年1月7日午前6時33分。天皇陛下(昭和天皇)が87歳で崩御された。

 その日、東京の将棋会館では女流棋戦の対局が1局だけ組まれていた。対局者の女流棋士は「こんな時に将棋を指していいのかしら……」と、戸惑った様子だったという。

 実際に陛下の崩御が朝のニュースで報じられると、当日に予定されていた催しや行事はほとんど中止になった。

 ただし、将棋の対局は予定通り行われた。将棋を愛好された陛下への供養になったかもしれない。

 同年1月7、8日の週末は、大半のテレビ番組が天皇追悼特集に切り替わった。しかし、NHK教育テレビは通常通りだった。8日午前の「NHK杯争奪将棋トーナメント」の番組も放送された。視聴率は平均で約1%だが、当日は約5%に上がったという。

 天皇・皇后両陛下が主催する「園遊会」で、招待された棋士にお言葉をかけた例がある。

 76年には、陛下が塚田正夫九段(当時62)に「将棋をまだやっているの」と尋ねられた。戦後間もない49年に皇居の「済寧館」で名人戦の対局が初めて行われ、塚田は敗れて名人を失った。陛下は「行幸」されていて、後日に結果を知った。往時が懐かしかったようだ。現役だった塚田は「陛下は将棋をお好きだそうで」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄