田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「東宮ちゃんにはかなわんよ」昭和天皇がニコニコと悲鳴を

公開日: 更新日:

 今回も皇室と将棋の関連をテーマにする。

 64年前の1955(昭和30)年の元日。天皇陛下(昭和天皇)と皇太子さま(現上皇)が将棋を指している写真が、ある新聞に載った。

 庶民が使うような薄い板盤に、持ち駒を卓上に置いてある光景がほほ笑ましかった。その新聞社の記者が書いた記事を抜粋で紹介する。
《陛下は侍従と指して将棋を楽しまれていて、実におおらかな棋風である。皇太子さまは中飛車一本やりで、学友たちと指して上達されている。陛下は銀矢倉の構えで防衛を整えている。皇太子さまは飛車を活用する急戦で、溌剌とした若さがみなぎっている。二年前はいい勝負で、勝ったり負けたり。今日では陛下が『もう東宮ちゃんにはかなわんよ』と、ニコニコと悲鳴をあげている》

 皇太子さまはその2年前の53年4月、イギリスのエリザベス女王の戴冠式に出席するために、アメリカ経由で渡欧された。第1寄港地のハワイへの船上では将棋大会が開かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る