実施は半数以下…“バイトテロ対策”飲食店が多くない理由

公開日: 更新日:

 社会問題化している「バイトテロ」。そもそも、バイトテロとはアルバイト従業員らが悪ふざけをした不適切な動画をネット上に投稿し炎上すること。

 今年に入ってからも、〈生魚をさばいて、ごみ箱に放り投げて、再びまな板に戻すくら寿司での行為〉〈「ヤバイ、ヤバイ。絶対クビ」と叫びながら1人が氷を床に投げつけ、1人がおたまを股間に押し当てたすき家での行為〉〈商品のおでんを口に含み吐き出すセブン―イレブンでの行為〉などセンセーショナルなバイトテロが発覚し、波紋を広げている。

 店だけではなく他の客にも迷惑がかかるバイトテロ行為は看過できないが、店側は対策を行っているのだろうか。

 飲食店求人サイトを運営する「クックビズ」が全国の飲食店を対象とする意識調査をネットで実施(179店の経営者や人事担当者から回答)したところ、対策を取っていると回答したのは48・6%。店のブランドイメージに傷がつく恐れも少なくないが、意外にも対策を取っている店は半数に満たなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る