#KuToo拡散 約3割が「本当は履きたくないけど履いている」

公開日: 更新日:

 衆議院議員会館で11日、「#KuToo パンプス押し付けにさよなら!緊急院内集会」が開催され、就職活動や職場で「パンプス」に苦しんでいる多くの女性がのろしを上げた――。

 キッカケとなったのは葬儀場でアルバイトをしている石川優実さんのSNSでの訴え。

 ツイッターで〈いつか女性が仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたい〉〈なんで足怪我しながら仕事しなきゃいけないんだろう〉などと呟いた。

 この訴えはパンプスやハイヒールを強制されることに違和感を抱いていた人の共感を呼び、靴と苦痛を掛け合わせた「#KuToo」としてSNS上で拡散された。

 石川さんは「Change.org」で署名活動をスタート(6月12日17時時点で約2万8000人)。3日に約1万8800人分の署名を厚生労働省に提出し、5日には衆院厚生労働委員会で議論が行われた。根本匠厚生労働相は女性にパンプスやハイヒールを強制する職場について「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと思います」と容認する考えを示し、波紋を広げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る