河合敦さん<1>東京都の高校日本史の教員試験倍率は約40倍

公開日: 更新日:

「世界一受けたい授業」などのテレビ番組出演や、200冊を超える著作でおなじみの河合敦さん。話を聞いていると、“日本史って面白い”という気分になってしまうから不思議だ。前職は教師。1989(平成元)年に東京都の教員に採用され、24年間、教壇に立った。その教師人生は――。

 ◇  ◇  ◇

「最初に教師になろうと思ったのは、中2のころ。TBSドラマの“金八先生”を見て憧れたんです。高校に入って、金八先生が憧れていた坂本竜馬を描いた小説、“竜馬がゆく”を読んで感激。日本史の先生になろうと。それで竜馬の研究がしたくて、大学は史学科を選んだんです。

 で、バブル絶頂期の1989年に、なんとか東京都の教員に。こういうと、簡単に教師になれたみたいですけど、そうでもない。あの当時、教員の採用は本当に少なかった。私の年で高校日本史の採用は10人くらい。そこへ400人くらいが受けたんですから。バブル期だったんで、民間企業なら入りたい会社に入れる雰囲気だったけど、教員採用は、ざっと40倍。たぶん弁護士になるより倍率が高かったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る