河合敦さん<1>東京都の高校日本史の教員試験倍率は約40倍

公開日: 更新日:

「世界一受けたい授業」などのテレビ番組出演や、200冊を超える著作でおなじみの河合敦さん。話を聞いていると、“日本史って面白い”という気分になってしまうから不思議だ。前職は教師。1989(平成元)年に東京都の教員に採用され、24年間、教壇に立った。その教師人生は――。

 ◇  ◇  ◇

「最初に教師になろうと思ったのは、中2のころ。TBSドラマの“金八先生”を見て憧れたんです。高校に入って、金八先生が憧れていた坂本竜馬を描いた小説、“竜馬がゆく”を読んで感激。日本史の先生になろうと。それで竜馬の研究がしたくて、大学は史学科を選んだんです。

 で、バブル絶頂期の1989年に、なんとか東京都の教員に。こういうと、簡単に教師になれたみたいですけど、そうでもない。あの当時、教員の採用は本当に少なかった。私の年で高校日本史の採用は10人くらい。そこへ400人くらいが受けたんですから。バブル期だったんで、民間企業なら入りたい会社に入れる雰囲気だったけど、教員採用は、ざっと40倍。たぶん弁護士になるより倍率が高かったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る